2016年06月17日

成功実現!金融政策の死の先にあるもので成功実現

皆さん、おはようございます。


日本を代表する大銀行が国債の入札における

プライマリー・ディーラー(国債市場特別

参加者)の資格返上を検討していますね。


もともと銀行の本来の業務は、預金で資金を

集め、それを企業に融資して利ザヤを稼ぐ

ことですが、現在のように資金需要がない

経済においてはこれだけでは収益を上げる

ことが難しいので、国債を買ってそれをより

高い価格で売却して利益を得るということが

最近の中心業務になってきています。


しかしながら、マイナス金利等の影響で、

国債を保有していれば損失が発生するリスク

が高まるため、今回の大銀行のような国債

保有上の特別資格すら返上しなければなら

ない決断をせまられているわけです。


このように金融政策の行き詰まり感が色濃く

なってきた今の経済状況を直視し、

少なくとも5〜10年先にいったい何が起きる

のか? といったことを真剣に考えておく

ことがますます重要になってきます。

(以下の情報が今最も参考になります)
今後生き残る100人に一人になるための極秘情報


それでは、また。


スポンサードリンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439044554

この記事へのトラックバック