2016年05月30日

成功実現!5人に1人が貧困老人の現実を乗り越えて成功実現

皆さん、おはようございます。


OECDの資料によると、日本の相対的

貧困率は約16%にものぼっており、

OECD加盟国全体の平均11%を上回って

いるようです。


特に、66才以上の高齢者の相対的

貧困率が約19%と最も高く、

これは高齢者の5人に1人は貧困という

ことを示しています。


このことの主な要因が、日本社会の

急速なグローバル化で、人件費の安い

労働力が海外に移転することによって

終身雇用は崩れ、思いがけないリストラ

や給与カットで、老後のメドが立たない

人が増えているということらしいです。


そして、今後のさらなる社会保障費の

削減や円安誘導政策による物価の上昇、

将来的な消費増税といったことが追い

打ちとなって、貧困老人の比率は今後

更に高くなっていくことは間違いない

とされています。


こういった時代背景にある今だからこそ、

以下の情報を参考に今とは別の収入源を

確保しておくことを強くお勧めします。

インターネットの環境さえあれば半年間で自由な時間を生み出せる仕事


それでは、また。


スポンサードリンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック