2016年05月12日

成功実現!超格差社会の下流老人はノー!で成功実現

みなさん、おはようございます!

久々にお洗濯日和で気持ちいいお天気と

なりました。。。こういう日は朝から

ポジティブな気持ちが勝って何かいいこと

ありそうな予感がしちゃいます(^.^)



さて、今日も前回お届けしたパナマ文書

に関連したお話しからになりますが、

パナマ文書で公開されたタックスヘイブン

(租税回避地)に関連する法人のデータ

を地域別に分類すると、中国が約3万3千

で最も多かったようですね。


中国は国内の資本規制が厳しいことで有名

ですが、そのこともあって国からの手が

及びづらいタックスヘイブンや暗号通貨

(仮想通貨)を利用する富裕層が増えて

いると言われています。


その中国が、タックスヘイブンの法人数

で世界一であるという話しを聞くと、

中国の超格差社会は更にその度合いを

深めているんだなぁって思います。


フランスの経済学者トマ・ピケティの著書

の中で話題になった超格差社会の現実は

世界中で拡大していっていますが、

この話は我々日本人とて例外ではありません。


そして、こういった近未来の現実を乗り越え

ていくために、以下の情報は非常に大きな

希望を与えてくれています。

世界のたった0.1%の超富裕層だけが持つ極秘情報


ホントに多くの方に

見ていただきたい情報です。


ありがとうございました。


スポンサードリンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437790883

この記事へのトラックバック