2016年04月08日

成功実現!日本でも始まった超格差社会を乗り越えて成功実現

皆さん、こんにちは!

今日もちょっとびっくりした情報を目にしたのですが、

なんと、世界のトップ62人の大富豪が、全人類の下位半分、

すなわち36億人と同額の資産を持っているというのです。

つまり、1台の大型バスに収まる程度の金持ちが、世界の人口の

半数を養える額、約180兆円を持っているということなんです。


お金持ちと貧乏人の格差が、日に日に大きくなっているといいます。


これは、世界の大富豪たちの話ですが、

実は、すでに日本も、こういった超格差社会へ突入していると、

あのフランスの経済学者のピケティ氏が警告しています。


日本では、今、上位1%の富裕層が、国富のおよそ1割を持つように

なったと言われており、厚生労働省の推計によると、

日本の相対的貧困率は16%、つまり、6人に1人が相対的貧困の状況と

いうことです。


そして、今特に問題となっているのが、あの神田昌典先生が自身の

FBに書かれていたんですが、家庭が貧しくてメチャメチャになって

いるがゆえに卒業式にすら出れない子供たちが今のこの日本に現実に

いるのです。

さらに、世界経済の下振れリスクが増大している今の状況下において

は、今後さらにこういった格差が進んくことは間違いないでしょう。


以前にも紹介しましたが、こういった情勢をいち早く察知して、

早くから行動に出ている蝶乃舞さんからの以下の情報は、今の

この超格差社会を味方につけて、さらにそれを乗り越えていくのに

最高のヒントを与えてくれています。

緊急速報!蝶乃舞が見た世界の真実


この情報は、期間限定公開とのことなので、お早めに入手して下さい。



それでは、また。


スポンサードリンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック